大阪の渡し船

大阪の渡し船

現在、大阪では、大阪市大正区を中心に8路線の渡し船(=渡船)が運航しています(船賃無料)。

今なお、渡し船が運航されているのかというと、河口付近は大型船舶が往来するため容易に橋が架けられず、また橋を架けたとしても海面から高い位置に架けられるため、人や自転車は通行できないといった理由などがあるからだそうです。そういった理由から、大阪市では今も渡し船が庶民の足として現役で活躍しています。

◆大阪の渡し船:天保山渡船場

天保山渡船場は、天保山と桜島を結ぶ約400mの渡し船です。

1905年(明治38)に、大阪市が港湾振興策の一環として開設されました。

スポンサーリンク

  • 大阪の渡し船01
  • 大阪の渡し船02
  • 大阪の渡し船03
  • 大阪の渡し船04
  • 大阪の渡し船05
  • 大阪の渡し船06

スポンサーリンク

スポンサーリンク